• TOP
  • ドクター紹介
  • 診療時間
  • 料金表
  • 歯科医師の活動報告
  • WEB診療予約

歯ぐきから血が出る(歯周病)・骨が足りない(再生治療)

  • ホーム
  • 歯ぐきから血が出る(歯周病)・骨が足りない(再生治療)

歯周病は、多くの方が歯を失っている怖い病気です

歯周病は日本の成人の約8割がかかっていると言われるお口の感染症で、40代以上の男女が歯を失う原因の第1位に挙げられています。歯周病のかかりはじめは、虫歯と同じでほとんど自覚症状がありません。そのため、知らず知らずのうちに症状が進行してしまいます。

大阪府高槻市の歯医者「河原歯科クリニック」では、歯周病治療に力を入れています。「歯がグラグラする」「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが腫れている」など気になる症状がありましたら、お早めにご来院にください。重度の歯周病治療にも対応しております。

歯周病とは?

歯周病は、歯と歯ぐきの間に溜まったプラークに潜む歯周病菌が炎症を起こし、歯ぐきや歯を支える顎の骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気です。放っておくと顎の骨がどんどん溶かされ、支えを失った歯が抜け落ちてしまうこともあるので、早期発見・早期治療が重要です。

歯周病の進行具合と症状

歯周病は歯肉炎から始まり歯周炎へと進んでいきます。歯周病の進行により、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)が深くなるので、その深さが進行度の目安となります。

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯ぐきに軽い炎症を起こし始めた状態です。ブラッシングのときに出血することもありますが、痛みはありません。 歯を支える顎の骨が溶かされはじめた状態です。歯ぐきの腫れや口臭、冷たい物がしみるなどの自覚症状が現れます。 顎の骨が半分程度溶け、歯がグラついている状態です。歯ぐきの腫れや出血が悪化し、口臭がきつくなって歯が浮く感じもあります。 歯を支える顎の骨の大部分が溶けてしまい、歯が大きくグラつく状態です。出血・口臭がひどく、放置すると歯が抜け落ちることもあります。
歯周ポケットの深さ
約3mm
歯周ポケットの深さ
約4mm
歯周ポケットの深さ
約6mm
歯周ポケットの深さ
約8mm

歯周病の検査方法

歯周ポケット検査

「プローブ」という専用の器具を使って歯周ポケットの深さを測り、進行度合いを確認します。進行するにつれて歯周ポケットが深くなっていく歯周病は、進行度合いによって適切な処置が異なります。

歯の揺度検査

歯周病の進行にともなって歯を支える骨が溶かされてしまうため、進行すればするほど歯のグラつきが大きくなります。この検査では、ピンセットのような器具で歯をつまみ、グラつきの程度を調べます。

レントゲン検査

歯周病が進行すると、骨密度が低下します。そのため、レントゲンで顎の骨の状態を撮影し、骨の形や骨密度などを把握することで歯周病の進行度合いを確認します。

※場合によりCT撮影を行うことがあります。

歯周病の処置と治療法

スケーリング

「スケーラー」という専用の器具を用いて、毎日のブラッシングではなかなか落とせないプラークや歯石を除去します。スケーリングをすると歯石が付着していた部分が露出するため冷たい物がしみることがありますが、口腔内がきれいになった証拠ですので心配はありません。

ルートプレーニング

スケーリングでも落としきれない歯ぐきの深い部分に付着するプラークや歯石を、「キュレット」という器具で取り除きます。仕上げに歯根表面のザラつきを滑らかにして、プラークの再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯ぐきに局所麻酔をしてから歯周ポケットのプラークや歯石、膿や炎症を起こしている歯肉部位を除去する処置です。

フラップ手術

局所麻酔をして歯肉を切開し、歯周ポケットの奥深くに付着しているプラークや歯石を除去します。歯根を露出してから行うので、汚れを徹底的に除去することが可能です。同時に感染した組織も取り除き、最後に歯肉を縫合します。

そして歯を支える顎の骨が大きく破壊されている場合には、その再生のために歯周組織再生療法を施します。

歯周病を「治療」したら、次は「予防」を

当クリニックでは歯周病の再発を防止するために、「3DS」という新しい予防処置をご提案しています。この3DSは、採取した唾液を調べて歯周病菌の種類と数を特定し、特殊な薬剤を使って口腔内の歯周病菌を除去(除菌)する方法です。

3DSの流れ
  • STEP 01
    PMTCによってお口の中をクリーニングします。
  • STEP 02
    型を取り、専用のマウストレーを作製します。
  • STEP 03
    マウストレーに薬剤を注入し、
    5分ほど装着します。
  • STEP 04
    マウストレーを外し、お口の中を洗浄します。

この一連の流れを継続的に行うことで、歯周病菌を除去していきます。3DSは歯周病予防だけでなく、口臭予防にも効果を発揮します。

歯周病などで溶かされた歯ぐきや骨を元通りに~再生治療~

歯科診療の中には、歯ぐきを整える歯周形成外科というものがあります。笑ったときに歯ぐきが目立つ「ガミースマイル」の場合や抜歯して歯ぐきが陥没してしまった場合、そして歯ぐきが痩せて歯が伸びたように見える場合などに、歯ぐきの形状などを整えて健康的で美しい口腔内を実現するのが歯周形成外科です。

また、歯周病などによって歯を支える顎の骨が溶かされてしまった場合、その再生を図るのが歯周組織再生療法です。顎の骨の再生を促す治療は、重度の歯周病だけでなく、インプラント治療の際にも行います(インプラントを埋め込むのに必要な骨量を確保するため)。

再生治療

歯肉移植

歯ぐきが後退して痩せてしまった場合に行うのが歯肉移植です。上顎の口蓋の歯肉には抵抗力があるので、その部分を切り取って歯ぐきが不足している部位に移植します。

CTG(結合組織移植) FGG(遊離歯肉移植)
歯ぐきは抜歯をすることで陥没したり、何らかの理由で薄くなったりすることがあります。上顎の口蓋から採取した結合組織を、歯肉が痩せて薄くなっている部分の歯ぐきの組織(上皮と骨膜の間)に移植するのが、CTG(connective tissue graft)です。 歯根のまわりに角化歯肉(コラーゲン繊維が多く含まれる動かない歯肉)がない場合に、上顎の口蓋から上皮のついた歯肉を切り取って歯根のまわりに移植する処置です。CTGが結合組織のみの移植であるのに対し、FGGは上皮も一緒に移植します。
歯周組織再生療法

歯周組織再生療法は、痩せたり溶かされたりした顎の骨などの歯周組織を再生させるための治療法です。歯周病治療だけでなく、インプラント治療の際に用いる再生治療も合わせてご覧ください。

EMD(エムドゲイン)法

病気に感染した部分を切除し、「エムドゲインゲル」という歯周組織の再生誘導のための薬剤を塗布し、歯ぐきの侵入を防ぎながら顎の骨の再生を促します。症例によっては、骨補填剤(こつほてんざい)を併用。最後に切開した歯肉を縫合します。

価格表

1、再生療法(4歯分以上)EMD使用 (手術料料別途) 100,000円
2、再生療法(3歯分まで)EMD使用 (手術料料別途) 70,000円
3、再生療法(1歯)EMD使用 (手術料料別途) 40,000円
4、自費歯周外科 一歯 35,000円
GEM21 60,000円~

※価格は税別です

※複数本の治療の場合には1歯あたりの費用が下がります。ご相談ください

ページのトップに戻る