• TOP
  • ドクター紹介
  • 診療時間
  • 料金表
  • 歯科医師の活動報告
  • WEB診療予約

入れ歯が合わない(入れ歯)

  • ホーム
  • 入れ歯が合わない(入れ歯)

入れ歯が合わない「入れ歯治療ついて」

歯を失ってしまったときの治療としてもっともポピュラーなのが入れ歯(義歯)です。しかし、入れ歯には「痛い」「外れやすい」「よく噛めない」といったイメージをお持ちの方も多くいらっしゃるでしょう。確かに、入れ歯は時間が経つと合わなくなることがありますが、それはお口の中が変化するとともに入れ歯の摩耗が起こり、噛み合わせのバランスがくずれてしまうから。定期的に調整することで、保険診療の入れ歯でも自費診療の入れ歯でも快適に使用することができます。

合わない入れ歯をがまんして使っていると、噛む力が偏り、強く当たる粘膜部分に炎症を起こしてしまうことがあります。お口の健康のために、自分にぴったりの入れ歯を使いましょう。入れ歯のお悩みは、大阪府高槻市の歯医者「河原歯科クリニック」へご相談ください。

入れ歯治療で大切なこと

入れ歯をつくるときに押さえておかなければならないポイントは2つあります。それは、正確な型取りとバランスの取れた噛み合わせです。お口にぴったり合っていなければ「しっかり噛める入れ歯」はできませんし、わずかでもずれがあると痛みが生じる原因となります。

正確な型取りのためには、舌や頬の筋や筋肉の動きまで考慮して行うことが大切です。また、噛み合わせのバランスを整えることで外れにくい入れ歯をつくることができます。

当院では、この正確な型取りと噛み合わせのバランスに留意して丁寧に入れ歯をつくっています。これは、保険の入れ歯でも自費の入れ歯でも同じです。

PICK UP入れ歯を歯磨き粉で洗わないでください

入れ歯のお手入れは1日1回、入れ歯専用のブラシと入れ歯専用の洗剤で行ってください。歯磨き粉は研磨剤が入っているので、入れ歯に見えない傷をつけてしまうことがあります。この傷は細菌やカビの温床となるため注意が必要です。

入れ歯専用ブラシで汚れを落としたら、洗浄剤に浸けましょう。お口に入れる前にはよくすすぎ、洗剤や洗浄剤をしっかり洗い流してから装着してください。

保険と自費の入れ歯の違い

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材 使用できるのはレジン(歯科用プラスチック)のみです。 さまざまなものを選択できます。
特徴
  • 作製や修理が比較的簡単
  • 見た目が多少不自然
  • 噛み心地や装着感が自費診療の入れ歯に比べると劣る
  • 食べ物の温度が伝わりにくい
  • 軽く薄くつくれるので装着感をよくすることができる
  • 自然な見た目にすることが可能
  • 噛み心地のよい入れ歯をつくれる
  • 金属床の入れ歯なら食べ物の温度が伝わりやすい
費用 保険適用なので比較的安価 保険適用外なので比較的高額

当院の取り扱い入れ歯

レジン床義歯(保険診療)

レジン(歯科用プラスチック)を素材とした入れ歯です。部分入れ歯の場合は、金属のバネ(クラスプ)がつきます。

メリット
  • 保険診療なので比較的安価
  • 作製期間も比較的短め
  • ほとんどの症例に適用できる
デメリット
  • 床がレジン製で厚みがあるため、咬み心地・装着感があまりよくない
  • 周囲から見て入れ歯だとわかりやすい
  • 比較的壊れやすい
金属床義歯(自費診療)

床部分が金属でできた入れ歯です。金属にはゴールド、チタン、コバルトクロムなどが使用されます。

メリット
  • 強度が高く、薄くつくれるので違和感が少ない
  • 熱伝導性が高く、食べ物の熱を感じることができる
  • ゴールドやチタンなら金属アレルギーのリスクも少ない
デメリット
  • 自費診療なので自己負担額が高い
  • 金属アレルギーのリスクがある
ノンクラスプデンチャー(自費診療)

歯ぐきにあたる部分に弾力性のある樹脂素材を使う、バネ(クラスプ)のない入れ歯です。

メリット
  • 金属のバネがないので見た目が自然
  • フィット感に優れ、装着時の違和感が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 弾性があり壊れにくい
デメリット
  • 自費診療なので費用の自己負担が大きい
  • 激しい温度変化で劣化しやすい
  • 経年によって変色してしまうことがある
  • 食べ物の温度を感じにくい
インプラントオーバーデンチャー(自費診療)

顎の骨に埋め込んだ2~6本のインプラントを支えにして固定するタイプの入れ歯です。

メリット
  • 見た目が自然
  • しっかり固定されるのでよく噛める
  • 装着時の違和感が少ない
デメリット
  • 自費診療なので自己負担額が大きくなる
  • 入れ歯部分を定期的に交換しなければならない
  • 1本あたりのインプラントへの負荷が大きい

入れ歯の価格

金属床:チタン 380,000円~
金属床:コバルト 350,000円~
ノンクラスプ義歯 105,000円~

※価格は税別です

※複数本の治療の場合には1歯あたりの費用が下がります。ご相談ください

ページのトップに戻る