• TOP
  • ドクター紹介
  • 診療時間
  • 料金表
  • 歯科医師の活動報告
  • WEB診療予約

銀歯が気になる(審美歯科)・歯を白くしたい(ホワイトニング)

  • ホーム
  • 銀歯が気になる(審美歯科)・歯を白くしたい(ホワイトニング)
  • 審美歯科
  • ホワイトニング

銀歯が気になる方にはセラミックの白い歯を~審美歯科~

「黒ずんで目立つ銀歯が気になって笑えない」「外れてしまった詰め物をきれいな白い詰め物に替えたい」といった歯の見た目に関するお悩みがある方には、審美歯科の受診をおすすめします。歯本来の機能を整えながら、見た目を自然に美しく仕上げるのが審美歯科治療です。
保険診療の虫歯治療で使用した詰め物や被せ物を白いセラミック素材に替えるなら、大阪府高槻市の歯医者「河原歯科クリニック」にご相談ください。

審美歯科メニュー

メタルセラミッククラウン

金属のフレームにセラミックを焼きつけた被せ物です。メタルセラミッククラウンとも呼ばれます。コストパフォーマンスが高い人工歯で、耐久性があるため奥歯にも使用可能。経年により歯の根元の金属が見えることがある、金属アレルギーを引き起こす心配があるというのがデメリットです。

オールセラミック(e-max)

歯科に特化した純セラミック素材で、詰め物や被せ物に使用します。自然な白さと透明感があって見た目が美しく、金属アレルギーの心配がないので長期的に安心してお使いいただけます。強度があるうえ天然歯に近い摩耗性があるので、噛み合う歯にも負担をかけません。ブリッジ等では使用できないことがあります。

ジルコニアセラミック

ジルコニアはオールセラミックの一種で、人工ダイヤモンドにも使用される審美性・耐久性が高い素材です。天然歯と同等の色調や透明感を備えながら適度な強度としなやかさも合わせ持っています。金属ではないので金属アレルギーの方も安心してお使いいただけます。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合物で、詰め物や被せ物に加工します。ほかの審美歯科素材に比べると、価格がリーズナブルであることが特長。オールセラミックと比べると審美性で劣りますが、適度な硬さなので噛み合う歯を傷めません。

ゴールド

金合金の素材で詰め物や被せ物をつくります。耐久性や強度が高いので奥歯に使用できるうえ、適度なやわらかさがあるので噛み合う歯にもやさしいのが特長です。金属でありながら金属アレルギーを起こしにくい、安定した素材と言えます。

ファイバーコア

グラスファイバーでつくったコア(芯)です。光を通す素材なので、その上に被せるクラウンの透明感を損ないません。天然歯に近い強度と柔軟性があるので、歯根の破折リスクも低減できます。

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、シェル状にしたセラミックの板を貼りつける治療法です。施術可能なのは前歯のみですが、すきっ歯などの軽度の歯並びの乱れを短期間で整えることが可能。ホワイトニングの効果が期待できない歯も白くできます。

審美歯科での人工歯の価格表

自費歯冠修復関連
Metal Bond(コア込) 100,000円
e-maxクラウン 臼歯 85,000円
e-maxクラウン 前歯 95,000円
オールジルコニアクラウン 100,000円
ジルコニアオールセラミッククラウン 120,000円
ジルコニアオールセラミッククラウン プレミアム 160,000円
Laminated Veneer 100,000円
Gold In (大臼歯MOD) 65,000円
Gold In (大臼歯MO, OD,小臼歯MOD) 60,000円
Gold In (小臼歯MO,OD) 55,000円
Gold FCK 大臼歯 100,000円
Gold Fck 小臼歯 90,000円
Pala Fck 35,000円
Fiber Core(自費歯冠修復を伴わない場合) 10,000円
Gold Core 25,000円
pala Core 5,000円
自費の詰め物
Ceramic Inlay(e-max) 60,000円
自費レジン充填(前歯部) 30,000円~60,000円
自費レジン充填(単) 20,000円
自費レジン充填(複) 30,000円

※価格は税別です

※複数本の治療の場合には1歯あたりの費用が下がります。ご相談ください

保証について

当クリニックでは、定期的にメインテナンスにご来院いただいている患者様に対して下記の保証をご用意しております。症例によって条件や費用は異なりますので、まずはご相談ください。

セラミック等の自費補修物 装着後5年

黄ばんだ歯を手軽に白くしたい~ホワイトニング~

毎日ブラッシングをしているのに、いつの間にか黄ばんでしまった歯――。鏡に映った自分の口元を見て、がっかりされた経験がある方もいらっしゃるかと思います。そんな気になる歯の黄ばみを、削ることなく薬剤で白くする処置がホワイトニングです。手軽に白い歯を手に入れることができるので、近年は男性・女性を問わず、若い方からシニア層までホワイトニングを受ける方が増えています。

歯が黄ばむ原因

歯の表面のエナメル質は、年齢とともに薄くなります。それに加えて、エナメル質の内側にある象牙質――もともと薄い黄色をしています――が経年によってさらに色が濃くなります。この2つが重なることで、歯が黄ばんで見えるようになるのです。

また、喫煙習慣がある方はヤニによって黄ばみが強くなります。紅茶・コーヒー・カレーなどの色の濃い食べ物や飲み物を多く摂取することによっても、色素が沈着して黄ばみが目立つようになります。

ホワイトニングとは?

天然歯を削らずに専用の薬剤(ホワイトニング剤)を使って歯を白くする処置がホワイトニングです。ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、患者様に取り組んでいただく「ホームホワイトニング」があります。そして、歯医者でオフィスホワイトニングを行ってからご自宅などでホームホワイトニングを継続して行っていただく「デュアルホワイトニング」も人気です。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯科医院において高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を照射して歯の色素を分解します。

メリット
  • 一回の処置で白さを実感できる
  • 数回の処置で理想的な白さが得られる
  • プロによる処置なので手間がかからず安全
デメリット
  • 高濃度の薬剤を使用するため、強い刺激を感じることがある
  • 白さが失われるのが比較的早い
  • 光が届きにくい奥歯はあまり白くできない
オフィスホワイトニングの流れ
STEP 01
治療説明

まず患者様のご要望をうかがいます。続いてお口の状態を検査し、虫歯や歯周病などがある場合はそちらの治療を優先します。

STEP 02
歯のクリーニング

ホワイトニングを行う前に、お口のクリーニング(PMTC)を行います。

STEP 03
ホワイトニング

歯の表面に高濃度のホワイトニング剤を塗布し、特殊な光を当てて歯の色素を分解しながら白くしていきます。

ホームホワイトニング

ご自宅などで、ご自分のペースで取り組みながら歯を白くする方法です。薬剤を注入した専用のマウストレーを毎日一定時間装着していただきます。

メリット
  • 自分のペースで処置ができる
  • 「オフィス」よりも自然な白さが長続きする
  • 奥歯まで白くできる
  • 低濃度の薬剤を使用するので刺激はほとんどない
デメリット
  • 効果を実感するまでに時間がかかる
  • 自分で行うので手間がかかる
ホームホワイトニングの流れ

歯科医院にて

STEP 01
治療説明

カウンセリング後、お口の状態をチェックし、虫歯や歯周病がある場合はその治療を優先します。

STEP 02
歯のクリーニング・マウストレー作製

歯のクリーニングを行い、歯型を採取してマウストレーを作製します(作製には1週間ほどかかります)。

STEP 03
説明

マウストレーとホワイトニングジェルをお渡しし、使用法などをご説明します。

ご自宅にて

STEP 01
ブラッシング

はじめに、歯をきれいにブラッシングしてください。

STEP 02
マウストレー装着

ホワイトニングジェルを注入したマウストレーを装着します。

STEP 03
口腔内洗浄

一定時間装着したら、外してお口をゆすいでください。

STEP 04
マウストレー洗浄

マウストレーは水かぬるま湯で洗い、ケースで保管します。

デュアルホワイトニング

歯科医院でオフィスホワイトニングを受けていただいたあと、ご自宅などでホームホワイトニングを継続して行っていただきます。

メリット
  • ホワイトニング効果が短期間で得られる
  • 白さが長続きする
デメリット
  • 2種類のホワイトニングを行うので、料金が高くなる
デュアルホワイトニングの流れ

患者様のご要望や希望する白さなどによって多少異なりますが、目安としては、オフィスホワイトニングは10日に1回のペースで計4回、ホームホワイトニングは2日に1回のペースで1ヶ月半ほど行っていただきます。

ホワイトニングの価格

ホワイトニング(上下顎) 35,000円
ホワイトニング(片顎) 20,000円
ホワイトニングジェル(1本分) 2,000円
リリーフジェル(2本分) 1,500円
歯牙漂白(1歯) 20,000円

※価格は税別です

※複数本の治療の場合には1歯あたりの費用が下がります。ご相談ください

ページのトップに戻る