• TOP
  • ドクター紹介
  • 診療時間
  • 料金表
  • 歯科医師の活動報告
  • WEB診療予約

歯が痛い・しみる(一般歯科)・歯を残したい(根管治療)

  • ホーム
  • 歯が痛い・しみる(一般歯科)・歯を残したい(根管治療)

どんどん悪化する虫歯は、早期発見・早期治療に努めましょう

「歯科治療」というと、多くの方は虫歯治療を思い浮かべるのではないでしょうか? 一般歯科のおもな診療内容は、虫歯治療です。ごく初期段階の虫歯なら唾液による再石灰化(溶け出した歯のミネラル分を再吸収する作用)で治ることもありますが、ある程度進行してしまうと、あとはどんどん悪化する一方です。放っておくと歯を失うことにもつながりますので、早期発見・早期治療に努めましょう。

こちらでは、大阪府高槻市の歯医者「河原歯科クリニック」が一般歯科で行う虫歯治療と、重度の虫歯の治療法「根管治療」についてお話しします。

  • 一般歯科
  • 根管治療

歯が「痛い」「しみる」なら虫歯かもしれません~一般歯科~

成人の約9割が経験しているとも言われる虫歯。「歯が痛い」「冷たい物がしみる」といった症状がある方は、すでに虫歯が進行しているかもしれません。虫歯は風邪などと同じ感染症ですが、風邪のように放っておいても自然に治ることはありません。少しでも歯に違和感があるなら、お早めに高槻市の河原歯科クリニックへご来院ください。

虫歯の原因は?

虫歯は、虫歯菌が食べかすに含まれる糖を分解したときに出す「酸」によって歯質が溶かされてしまう病気です。虫歯菌や栄養分となる糖が多ければ多いほど虫歯になりやすく、口腔内が汚れた状態が長時間続いたり歯質が弱かったりする場合も虫歯のリスクは高まります。

虫歯菌 糖分 歯質
虫歯菌はプラークの中に多く潜んでいます。そのため、プラークが多ければ多いほど虫歯になりやすくなります。 食べかすに含まれる糖は虫歯菌の栄養源となります。糖が多ければ多いほど虫歯になりやすくなります。 虫歯になりやすさは人によって異なります。歯質が弱い人は、強い人に比べて虫歯になりやすくなります。

「だらだら食べる」「ブラッシングをしない(十分でない)」「よく噛まず唾液の分泌量が少ない」といった傾向がある方は、上の3つの条件がそろう可能性が高いので虫歯を発症しやすい、もしくは虫歯が進行しやすいと言えるでしょう。

虫歯の進行状況と症状・治療法

進行状況 症状 治療法

C0 脱灰

歯の表面が白く濁った状態になるごく初期段階の虫歯です。自覚症状はまだありません。 毎日の正しいブラッシングが必要なので、そのための指導を行います。フッ素塗布により再石灰化を促すことで、削らずに治る可能性もあります。

C1 エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質の虫歯で黒ずみが見られるようになり、冷たい物がしみるようになります。 虫歯部分を削り取りコンポジットレジン(歯科用プラスチック)(下の項へリンク)を詰めます。

C2 象牙質の虫歯

エナメル質の内側の象牙質にまで到達した虫歯です。冷たい物や甘い物がしみるようになり、鋭い痛みを感じるようになります。 虫歯になった部分を削り、レジンか詰め物(インレー)で補います。

C3 神経におよんだ虫歯

虫歯が歯の内部の神経まで達した状態です。何もしなくても激しく痛むことがあります。 「根管治療(下の項へリンク)」を行い、その上に被せ物(クラウン)を装着して歯の機能を補います。

C4 歯の根に達した虫歯

歯のほとんどが溶け、神経が死んでしまった状態です。放っておくと歯根の先に膿がたまり、ふたたび激しく痛み出します。 ほとんどの場合、抜歯をしてインプラント治療入れ歯治療を行います。
保険治療について

当院では原則、健康保険適用の治療を行っています。こちらではその保険治療において頻繁に使用される「コンポジットレジン充填」についてご説明します。

コンポジットレジンとは?

歯科用プラスチックのことで、虫歯治療において削った部分や欠けてしまった歯の修復に用います。レジンを使った治療は原則的に保険が適用されますが、より美しい見た目にしたい場合などは自費診療となることもあります。

メリット
  • 色が歯の色に似ているので見た目が自然
  • 治療期間が短い(1~2日で治療が可能)
  • 歯を削る量が少なくて済む
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 修理が簡単
  • 基本的に保険適用なので安価
デメリット
  • 経年により変色がある
  • 噛み合わせが強い場合は欠けたり割れたりすることがある
  • 歯科医師の技量によって仕上がりに大きな違いが出る
  • 虫歯の状態によっては処置が困難な場合がある

重度の虫歯でも、歯を残せます~根管治療~

一般的に「神経を抜く治療」と言われる根管治療は、重度の虫歯に対する治療法です。歯の神経や血管の入っている「根管」という細い管の中から虫歯に汚染された神経や血管を除去し、洗浄・消毒してから薬剤を注入・充填します。歯根にふたをしたら、最後にコア(芯)と人工歯を装着して完了です。精密な根管治療を行うことで、抜歯を避けて歯の機能と見た目を補いうことができます。

根管治療から被せ物装着までの流れ

STEP01:神経
血管の除去

ファイルという細い器具で根管内から虫歯に汚染された神経や血管を取り除きます。

STEP02
根管の洗浄と消毒

神経や血管をきれいに取り除いたら、根管内を洗浄・消毒して無菌状態にします。

STEP03
薬剤の充填

根管内にすき間なく薬剤を詰めて密封し、歯根を細菌の二次感染から守ります。

STEP04
土台(コア)の構築

被せ物を装着するためのコアを、金属またはグラスファイバーでつくります。

STEP05
被せ物の装着

被せ物を装着し、噛み合わせを整えたら治療完了です。

難易度の高い根管治療を安全に、そして正確に行うために

根管治療で重要なのは、根管内の感染部位をしっかり取り除き、細菌が入らないように薬剤をしっかり充填すること。細菌を取り残してしまうと、虫歯が再発してしまう確率が高まるからです。しかし、根管は肉眼では見ることができないほど細かいうえ、内部は複雑な形状をしています。そのためこれまでは、歯科医師の経験と勘に頼らなければなりませんでした。

河原歯科クリニックではこの高度な根管治療を確実に行うため、顎の骨や歯周組織の状況を3次元画像で詳細に把握できる撮影機器「歯科用CT」や治療部位を拡大視野で確認しながら処置ができる「マイクロスコープ」を採用しています。また、根管内から汚染された神経や血管を取り除く際には、高い弾力性を有する「ニッケルチタンファイル」を使用しています。

※これらは原則自費治療に優先して使用しますので、健康保険での治療の場合、使用しないことがあります。

歯科用CT マイクロスコープ ニッケルチタンファイル
根管の状態や形状を立体画像で詳細に把握し、正確な診査・診断をするために欠かせない撮影機器です。 肉眼では見えない部分を拡大することで、目視しながらの確実な処置が可能となります。 従来のステンレスファイルに比べると弾力性があり、迅速かつ確実な汚染部位除去に役立ちます。

ページのトップに戻る