• TOP
  • ドクター紹介
  • 診療時間
  • 料金表
  • 歯科医師の活動報告
  • WEB診療予約

妊婦中の歯科治療

妊娠中のお口のトラブルは、河原歯科クリニックで解消しましょう

妊娠するとホルモンバランスが変化したり、唾液の分泌量が減少したり、つわりがはじまったりするため、お口の環境が悪化して虫歯や歯周病などにかかりやすくなります。妊娠中の虫歯や歯周病は、赤ちゃんにも影響を与えてしまうということをご存知でしょうか? 妊娠中の歯周病「妊娠性歯周炎」はお腹の赤ちゃんに悪影響を与えることもありますので、とくに注意が必要です。

「妊娠中は歯の治療を受けられない」と思っている方も多いようですが、実際はそんなことはありません。体調が安定してくる時期(妊娠中期)を見はからって、大阪市高槻市の歯医者「河原歯科クリニック」へ一度お越しください。当院には女性医師がおりますので、男性の医師には話せないようなことも気兼ねなく相談していただけます。

虫歯は大人から感染します

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。それが、生活をしているうちに近くにいる大人(主に家族)から菌をもらってしまうのです。虫歯菌の感染は、なるべく遅いほうが「将来虫歯になりにくくなる」ことがわかっています。

赤ちゃんを虫歯から守るために

虫歯菌の感染を遅らせるために、親御様やご家族にできることをご紹介します。

  • 赤ちゃん専用のスプーンやお箸、お皿を用意し、共有はやめましょう
  • 家族全員が虫歯を治療して、お口の衛生管理に努めましょう
  • 歯が生えたら、歯科医院でフッ素塗布などの予防処置をしてもらいましょう
  • 歯が生えたら、食後に歯磨き(できない場合はガーゼなどで拭く)をしてあげましょう

妊娠中の歯科診療に適している時期

「安定期」といわれる妊娠5~8ヶ月頃が、歯科診療に適している時期です。特別な治療は除きますが、通常の歯科治療は問題なく受けていただけます。特にトラブルがなくてもこの時期に一度検診を受け、お口の状態を整えておくことをおすすめします。

妊娠初期である1~4ヶ月は切迫流産を起こしやすい時期。また、妊娠9ヶ月~臨月は、いつ陣痛が起きてもおかしくない時期です。どちらのタイミングも急を要する場合以外は、歯科診療は控えたほうがよいでしょう。

レントゲン撮影について

レントゲン撮影は適切な治療を行ううえで必要です。しかし、妊娠中のレントゲン撮影については、気にされる方も多くいらっしゃいます。妊娠中の方は、撮影前にその旨をお伝えください。被曝量はとても少ないので基本的には問題ありませんが、必要最低限の撮影に抑えたり、時期をずらしたりとできるかぎり負担を軽減するような対応をいたします。

妊娠中のお口のケアについて

虫歯や歯周病にかかりやすい妊娠中はとくにお口のケアに気を配っていただきたい時期ですが、実際はなかなか難しいもの。つわりがあると、歯ブラシを口に入れることさえできない方もいらっしゃいます。

しかし口腔ケアを怠り、妊娠性歯周炎にかかってしまうと、その歯周病菌の影響により早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。そうならないように、妊娠中期に入ったら予防のための検診を受けることをおすすめします。

つらいときは、毎日のケアに一工夫を

  • 歯磨き粉の香料が気になる場合は、歯磨き粉なしでもいいのでブラッシングしましょう
  • 歯ブラシを口に入れるのもつらい場合は、口をゆすぐだけでも効果があります
  • 口をゆすぐ際は、水やお湯だけでなく、緑茶で行うこともおすすめです

ページのトップに戻る